市民事業によるディサービス施設を見学してきました

2011年11月23日 10時26分 | カテゴリー: 福祉


 神奈川ネットワーク運動・あやせのメンバーとともに、茅ケ崎市にあるデイサービスを市民事業として実践している「NPO法人ワーカーズ・コレクティブあのん」を見学してきました。
住宅街の一角に建つ築80年の古民家を改築した定員10名の施設で、内部はスロープやトイレ、浴室など必要な改築はしながらも、柱や天井の梁、和風の庭園はそのまま生かした落ち着いた雰囲気です。

 ここは介護保険に対応したデイサービスや独自の宿泊サービスと訪問介護サービスをしている小規模多機能をもった施設で、利用する人や家族の様々な暮らし方に対応できるメニューを作っています。このように「自分たちの『あったらいいな』を自分たちで作る」ワーカーズ・コレクティブの運営ならではだと思います。
大きな高齢者施設に併設のデイサービスばかりでなく、このような小規模施設も身近にあって選択できることは、生活の幅を広げられることだと感じました。これからも、既に取り組まれている市民活動や事業を視て、住みよい綾瀬のまちづくりを考えていきたいと思います。

      (永井)