一人ひとりができることを考える

2016年5月17日 20時02分 | カテゴリー: 活動報告

~非常時に備えよう~

家、職場、旅行先、移動中…など自然災害や事件、事故はいつどこで起きてもおかしくありません。

どんな事態にも対処できるよう、神奈川ネットワーク運動あやせ主催の「防災トランプ」に参加しました。

例えば、トランプをめくってみると「竜巻が発生した」と書いてあります。
Aさんは「頑丈な建物に避難し、トイレに隠れます。」
それを聞いてBさんは「家の中なら、お風呂の中に隠れてもいいね。」など
さまざまな自分たちが考えられることを出し合います。
正解はなく、その時自分だったらどうするのか、を考える訓練になります。
年齢や経験によっても答えはさまざまで、多様な解決方法を楽しく共有することができました。

いざという時にどう動くことができるのか、命を守るためにふだんから考えておくことが必要だと思いました。

AS20150522001363_commL